ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

2012年その他感染症・抗菌薬文献集(1)

2012年その他感染症・抗菌薬文献集(1)
 敗血症,MRSA,肺炎に関しては以下の記事へ
2012年敗血症関連文献集(1) ~敗血症における抗菌薬治療~
2012年敗血症関連文献集(2) ~輸液~
2012年敗血症関連文献集(3) ~EGDTと循環作動薬,モニタリング~
2012年敗血症関連文献集(4) ~各種メディケーション,PMX-DHP~
2012年敗血症関連文献集(5) ~予後関連因子,解熱処置,プロトコル遵守~
2012年MRSA関連文献集
2012年肺炎関連文献集(1) ~市中肺炎(CAP)~
2012年肺炎関連文献集(2) ~医療介護ケア関連肺炎(NHCAP/HCAP),院内肺炎(HAP),人工呼吸器関連肺炎(VAP)~

肺炎が疑われない急性下気道感染症におけるアモキシシリン(AMPC)
Little P, Stuart B, Moore M, et al; on behalf of the GRACE consortium. Amoxicillin for acute lower-respiratory-tract infection in primary care when pneumonia is not suspected: a 12-country, randomised, placebo-controlled trial. Lancet Infect Dis 2012; 13: 123-9
PMID:23265995
ポイント:18歳以上の肺炎でない急性下気道感染症患者2060例に対する抗菌薬AMPC(1gを1日3回,7日間)とプラセボを比較したRCT.効果に有意差なく,有害事象(悪心,皮疹,下痢)は抗菌薬投与群で有意に多い.

菌血症が疑われるその成人患者に血液培養は必要か?
Coburn B, Morris AM, Tomlinson G, Detsky AS. Does this adult patient with suspected bacteremia require blood cultures? JAMA 2012; 308: 502-11
PMID:22851117
ポイント:35報,菌血症4566例,血液培養陰性25946例のメタ解析.体温上昇(38℃以上でLR 1.9,38.5℃以上でLR 1.4)や白血球増加(LR<1.7)は菌血症を正確には予測できず,菌血症の可能性を考慮することなしに発熱や白血球増加の患者に血液培養を行うべきではない.悪寒(shaking chills,LR 4.7)は有用な可能性あり.SIRS基準やその他基準は血液培養を必要としない患者を特定するのに有用かもしれない.これらのことは免疫不全患者や心内膜炎疑い患者にはあてはまらない.

コアグラーゼ陰性ブドウ球菌による血流感染症かコンタミネーションかの鑑別指標
Elzi L, Babouee B, Vögeli N, et al. How to discriminate contamination from bloodstream infection due to coagulase-negative staphylococci: a prospective study with 654 patients. Clin Microbiol Infect 2012; 18: E355-61
PMID:22784359
血培でCNS(コアグラーゼ陰性ブドウ球菌)を検出した場合,真の血流感染と診断するための関連因子を多変量解析で検討した,患者654名の前向き研究.低体温(OR 2.39),頻脈(OR 2.29),頻呼吸(OR 2.40),白血球増加or減少(OR 4.15),中心静脈カテーテルの存在(OR 5.38).血流感染症の確率はSIRS 1項目なら42.4%,2項目56.7%,3項目72.3%であった.「SIRS 2項目+中心静脈カテーテルの存在」またはSIRS3項目でCNS血流感染とみなしてよいかもしれない.この基準を使うとグリコペプチドの使用は減少した.

特発性細菌性腹膜炎の予防においてプロバイオティクスをノルフロキサシン(NFLX)に併用しても改善効果はない:二重盲検RCT
Pande C, Kumar A, Sarin SK. Addition of probiotics to norfloxacin does not improve efficacy in the prevention of spontaneous bacterial peritonitis: a double-blind placebo-controlled randomized-controlled trial. Eur J Gastroenterol Hepatol 2012; 24: 831-9
PMID:22522141
ポイント:特発性細菌性腹膜炎(SBP)ハイリスク患者110例をNFLX投与群とNFLX+probiotics投与群で比較した二重盲検RCT.予防失敗率,死亡率に有意差なく,probiotics併用にSBP予防効果はない.

消化管手術後の感染症におけるシプロフロキサシン(CPFX)とメロペネム(MEPM)の効果と安全性評価
Kusachi S, Sumiyama Y, Takahashi Y, et al. Evaluation of the efficacy and safety of intravenous ciprofloxacin versus meropenem in the treatment of postoperative infection. J Infect Chemother 2012; 18: 152-9
PMID:22009525
ポイント:東邦大学からの報告.消化管手術後の感染症をきたした患者205名におけるCPFX 300mg q12hとMEPM 500mg q12hを比較したRCTで,奏功率,副作用,薬剤投与期間などに有意差はみられなかった.

プロバイオティクス(Lactobacillus plantarum)は高齢者におけるインフルエンザワクチン接種後の免疫を刺激する
Bosch M, Méndez M, Pérez M, et al. Lactobacillus plantarum CECT7315 and CECT7316 stimulate immunoglobulin production after influenza vaccination in elderly. Nutr Hosp 2012; 27: 504-9
PMID:22732975,Free Full Text
ポイント:65-85歳の高齢者60名に対するRCT.高齢者に対するprobiotics(Lactobacillus plantarum)投与は免疫賦活効果があり,インフルエンザワクチンに対する反応性を改善させる.

小児の口腔衛生でのうがいと発熱
Noda T, Ojima T, Hayasaka S, et al. Gargling for oral hygiene and the development of fever in childhood: a population study in Japan. J Epidemiol 2012; 22: 45-9
PMID:22123226,Free Full Text
ポイント:福岡県145保育所の2-6歳児19595名の観察研究.うがいは発熱を32%有意に減少させる.うがいに使うものに関するサブ解析では,緑茶は発熱を68%有意に減少させた.

心臓手術前のスタチン製剤投与は術後感染症を減少させるか?:システマティックレビュー&メタ解析
Tleyjeh IM, Alasmari FA, Bin Abdulhak AA, et al. Association between preoperative statin therapy and postoperative infectious complications in patients undergoing cardiac surgery: a systematic review and meta-analysis. Infect Control Hosp Epidemiol 2012; 33: 1143-51
PMID:23041814
ポイント:6報のコホート研究のメタ解析.心臓手術前のスタチン製剤投与と術後感染症減少の有意な関連性は認められなかった(OR 0.8, 95%CI 0.64-1.01).しかし,このメタ解析の報告のすぐ後に冠動脈バイパス術の術前スタチン製剤投与は術後感染症を26%有意に減じるとしたKayani WTらの6253例の後ろ向き報告(Int J Cardiol 2012 Oct.6)が発表されており,この報告が加わると有意差がでる可能性がある.

手指衛生は市中のインフルエンザ伝播や急性気道感染症を減少させる:システマティックレビュー
Warren-Gash C, Fragaszy E, Hayward AC. Hand hygiene to reduce community transmission of influenza and acute respiratory tract infection: a systematic review. Influenza Other Respi Viruses. 2012 Oct.8
PMID:23043518
ポイント:16報のシステマティックレビュー.手指衛生はインフルエンザや急性気道感染症を減少させる.

タイの医療従事者におけるインフルエンザ予防としてのオセルタミビルまたはザナミビル長期間投与:二重盲検プラセボ対照RCT
Anekthananon T, Pukritayakamee S, Ratanasuwan W, et al. Oseltamivir and inhaled zanamivir as influenza prophylaxis in Thai health workers: a randomized, double-blind, placebo-controlled safety trial over 16 weeks. J Antimicrob Chemother 2013; 68: 697-707
PMID:23143901,Free Full Text
ポイント:129例の二重盲検プラセボ対照RCT.オセルタミビルまたはザナミビルの16週間投与はドロップアウトがなく安全であった.インフルエンザ予防での16週間投与は忍容性あり.

季節性インフルエンザの治療における漢方薬(麻黄湯)とノイラミニダーゼ阻害薬を比較したRCT
Nabeshima S, Kashiwagi K, Ajisaka K, et al. A randomized, controlled trial comparing traditional herbal medicine and neuraminidase inhibitors in the treatment of seasonal influenza. J Infect Chemother 2012; 18: 534-43
PMID:22350323
ポイント:日本からの報告.発症48時間以内の成人インフルエンザ患者28例を麻黄湯群,タミフル群,リレンザ群で比較したRCT.発熱期間の中央値はそれぞれ29時間,46時間,27時間で,麻黄湯群がタミフル群より有意に短縮.症状スコア,サイトカインレベルは3群で有意差はみられなかった.同様の報告が2007年にもあり(Phytomedicine 2007; 14: 96-101),小児インフルエンザ患者60例を麻黄湯群,タミフル群,麻黄湯タミフル併用群で比較したRCTで,発熱期間はそれぞれ15時間,24時間,18時間で,タミフル群より麻黄湯群,併用群が有意に短縮したとしている.

インフルエンザにおける抗ウイルス治療:システマティックレビュー&メタ解析
Hsu J, Santesso N, Mustafa R, et al. Antivirals for treatment of influenza: a systematic review and meta-analysis of observational studies. Ann Intern Med 2012; 156: 512-24
PMID:22371849
ポイント:74報観察研究のメタ解析.オセルタミビルはインフルエンザでのハイリスク群において死亡率を77%減少,入院率を25%減少,有症状期間を33時間に減少させる.早期のオセルタミビル投与はよりよいアウトカムに関連していた.ザナミビルは入院率を34%減少,有症状期間を23時間に減少させる.ただしエビデンスの質は低い.

小児インフルエンザにおけるラニナミビル(イナビル)単回吸入の効果
Katsumi Y, Otabe O, Matsui F, et al. Effect of a single inhalation of laninamivir octanoate in children with influenza. Pediatrics 2012; 129: e1431-6
PMID:22614774
ポイント:日本からの報告.発症後48時間以内の小児インフルエンザ患者112例のRCT.イナビルとリレンザで効果,安全性は同等であった.解熱までの時間の中央値はイナビル群36時間,リレンザ群37時間であった.

夜間の咳と睡眠の質に対する蜂蜜の効果:二重盲検プラセボ対照RCT
Cohen HA, Rozen J, Kristal H, et al. Effect of honey on nocturnal cough and sleep quality: a double-blind, randomized, placebo-controlled study. Pediatrics 2012; 130: 465-71<>/a
PMID:22869830
ポイント:小児300例の二重盲検プラセボ対照RCT.睡眠30分前の蜂蜜10g摂取は,1-5歳小児上気道炎患者の夜間咳嗽と睡眠障害を改善するかもしれない.

カンジダ骨髄炎:小児・成人207例の解析
Gamaletsou MN, Kontoyiannis DP, Sipsas NV, et al. Candida osteomyelitis: analysis of 207 pediatric and adult cases (1970-2011). Clin Infect Dis 2012; 55: 1338-51
PMID:22911646
ポイント:1970年から2011年までのカンジダ骨髄炎207例の解析.感染経路として,血行性播種67%,直接感染25%,隣接臓器からの感染9%であった.治療成功率は32%であったがその後再燃したのは32%であった.

カンジダ血症の早期および晩期発症の死亡率
De Rosa FG, Trecarichi EM, Montrucchio C, et al. Mortality in patients with early- or late-onset candidaemia. J Antimicrob Chemother 2012 Dec.12
PMID:23236102,Free Furr Text
ポイント:779例の解析(入院10日以内のカンジダ血症早期発症群183例,10日より後の晩期発症群596例).入院10日以内のカンジダ血症早期発症群は11日以降の晩期発症群より死亡率が有意に低い(38.8% vs 47.5%).早期群の死亡リスクは不適切な抗真菌薬選択(OR 3.02),C. albicans(OR 2.17),高齢(OR 1.05).晩期群の致死リスクは肝疾患(OR 2.46),不適切な抗真菌薬投与(OR 2.01),高齢(1.03)であった.カスポファンギン使用は死亡リスクを58%減少有意に減少させた.

クロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)における死亡リスク:システマティックレビュー
Bloomfield MG, Sherwin JC, Gkrania-Klotsas E. Risk factors for mortality in Clostridium difficile infection in the general hospital population: a systematic review. J Hosp Infect 2012; 82: 1-12
PMID:22727824
ポイント:26報1617例のシステマティックレビュー.年齢,白血球数,血清クレアチニン,血清アルブミン,ステロイドの使用はCDIにおける死亡リスク指標として有用である.一方,発熱,Hb/Ht,下痢上昇度,各種合併症などを指標として用いることは支持しない.

ドキシサイクリンはクロストリジウム・ディフィシル感染症(CDI)を予防するか?
Doernberg SB, Winston LG, Deck DH, Chambers HF. Does doxycycline protect against development of Clostridium difficile infection? Clin Infect Dis 2012; 55: 615-20
PMID:22563022
ポイント:セフトリアキソン投与を受けた2305例の解析.セフトリアキソン単独よりもドキシサイクリンを併用した方が,CDIは27%有意に低下する.なお,IDSAのガイドラインでは,市中肺炎においてCTRX+DOXYをセカンドラインとして推奨している.

フィダキソマイシンはクロストリジウム・ディフィシルの毒素産生を阻害する
Babakhani F, Bouillaut L, Sears P, et al. Fidaxomicin inhibits toxin production in Clostridium difficile. J Antimicrob Chemother 2013; 68: 515-22
PMID:23208832
ポイント:fidaxomicineはClostridium difficileの毒素産生を強く阻害する.VCMやMNZには同様の作用は見られず.また,Babalhaniらは,fidazomicineが芽胞産生を阻害することも報告している(Clin Infect Dis 2012; 55: S162-9).fidaxomicineは本邦では今後アステラス製薬より販売が予定されている.

入院進行癌患者の生存率に対する感染症の影響
Thai V, Lau F, Wolch G, et al. Impact of infections on the survival of hospitalized advanced cancer patients. J Pain Symptom Management 2012; 43: 549-57
PMID:22071166
ポイント:441例観察研究.敗血症や臓器関連感染症は進行癌患者において生存率が有意に低下する.抗菌薬に対する良好な反応は生存期間中央値の大幅な延長と関連.抗菌薬に反応しないケースの死亡リスクは9.74倍有意に上昇する.実際には反応しないことも多い.末期癌患者における抗菌薬使用においてはWhiteらの報告(J Pain Symptom Manage 2003; 25: 438-43)が非常に参考になる.

細菌から作られるノイラミニダーゼの役割
Nishikawa T, Shimizu K, Tanaka T, et al. Bacterial neuraminidase rescues influenza virus replication from inhibition by a neuraminidase inhibitor. PLoS One 2012; 7: e45371
PMID:23028967,Free Full Text
ポイント:口腔内や上気道の細菌叢から作られるノイラミニダーゼはインフルエンザウイルスの増殖を助け,抗インフルエンザ薬であるノイラミニダーゼ阻害薬の作用を減弱させる可能性が示唆された.

HMG-CoA還元酵素阻害薬(スタチン)のグラム陰性桿菌における抗菌作用
Farmer AR, Murray CK, Mende K, et al. Effect of HMG-CoA reductase inhibitors on antimicrobial susceptibilities for Gram-Negative rods. J Basic Microbiol 2012 Jun.26
PMID:22736455
ポイント:in vitroではスタチンはいくつかの細菌や真菌に抗菌活性を有する.重症患者におけるスタチンでは抗炎症作用,免疫修飾作用,抗血栓作用,抗酸化作用,内皮細胞保護作用が報告されているが,抗菌活性も?

キノロンによる腱障害
Wise BL, Peloquin C, Choi H, et al. Impact of age, sex, obesity, and steroid use on quinolone-associated tendon disorders. Am J Med 2012; 125: 1228.e23-1228.e28
PMID:23026288
ポイント:キノロンでアキレス腱炎リスクは4.3倍,腱断裂リスクは2.0倍有意に増加した.有意な危険因子は60歳以上,非肥満,経口ステロイド.有意な関連性が見いだせなかったのは女性,糖尿病,腎不全/透析であった.米国36592名解析.

インフルエンザ入院患者におけるスタチン使用と死亡率の関連性
Vandermeer ML, Thomas AR, Kamimoto L, et al. Association between use of statins and mortality among patients hospitalized with laboratory-confirmed influenza virus infections: a multistate study. J Infect Dis 2012; 205: 13-9
PMID:22170954,Free Full Text
ポイント:3043例(スタチン製剤投与を受けていたのは1013例)の解析で,スタチン投与患者は死亡リスクが41%減少していた.

抗菌薬関連下痢症の予防・治療におけるプロバイオティクス:システマティックレビュー&メタ解析
Hempel S, Newberry SJ, Maher AR, et al. Probiotics for the prevention and treatment of antibiotic-associated diarrhea: a systematic review and meta-analysis. JAMA 2012; 307: 1959-69
PMID:22570464
ポイント:82報RCTのメタ解析で,プロバイオティクスは抗菌薬関連下痢症リスクを42%有意に減少させた.ただし,エビデンスは不十分.

アジスロマイシンと心血管死リスク
Ray WA, Murray KT, Hall K, et al. Azithromycin and the risk of cardiovascular death. N Engl J Med 2012; 366: 1881-90
PMID:22591294
ポイント:コホートデータから抽出したアジスロマイシン(AZM)投与群347795名と,propensity score matchingした抗菌薬非投与群1391180名,アモキシシリン(AMPC)投与群1348672名,シプロフロキサシン(CPFX)投与群264626名,レボフロキサシン投与群193906名を比較.5日間の投与でAZM投与群は抗菌薬非投与群に比して心血管死リスク2.88倍,全死亡リスク1.85倍.AZM投与群はAMPC投与群と比較して,心血管死亡リスク2.49倍,全死亡リスク2.02倍.LVFX投与群とは有意差なし.

大腸菌O-104食中毒におけるアジスロマイシン療法と保菌期間
Nitschke M, Sayk F, Hartel C, et al. Association between azithromycin therapy and duration of bacterial shedding among patients with Shiga toxin-producing enteroaggregative Escherichia coli O104:H4. JAMA 2012; 307: 1046-52
PMID:22416100
ポイント:ドイツで大流行した大腸菌O-104(ESBL産生)感染者を対象にAZMを投与したところ,28日以上長期保菌者はAZM群で22人中1人,抗菌薬非投与群で43人中35人で有意差あり.AZM群全員が最低3回の便検査で陰性化していた.

Ⅲ型分泌システムの緑膿菌菌血症の予後
El-Solh AA, Hattemer A, Hauser AR, et al. Clinical outcomes of type III Pseudomonas aeruginosa bacteremia. Crit Care Med 2012; 40: 1157-63
PMID:22080633
ポイント:Ⅲ型分泌システムがある緑膿菌菌血症では抗菌薬感受性プロファイルにかかわらず臨床アウトカムが悪い.Ⅲ型分泌とは,毒素が遊離せず細胞内に直接注入されるタイプであり,抗菌薬耐性率も高い.毒素タイプでみると20%を占めるExoUタイプが一番厄介.京都府立医大の佐和先生が詳しい.
[PR]
by DrMagicianEARL | 2013-03-07 18:26 | 感染症 | Comments(0)

by DrMagicianEARL