ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

研究会,講演会,学会日程

更新履歴
2017年4月17日「宮城ICUセミナー(4月20日仙台)」掲載
2017年4月17日「第2回東京感染症サミット(5月21日東京)」掲載


研究会,講演会,学会日程
※学会総会に加え,主に敗血症,救急集中治療,感染症の研究会,講演会を適宜掲載していきます(本記事を更新していきます).あくまでも私の知る範囲でのものだけです.これまで研究会については関西圏ばかりでしたが,2016年4月以降私が関西を離れますので,開催地制限ははずします.私自身は東北に移るためそちらの案内が増えるかもしれません.

※ここに掲載されていない研究会・講演会で掲載希望等あればコメント欄に記入するか,以下までメールで御連絡下さい.開催場所に制限はありませんが,内容は本ブログの内容の関係上,敗血症,感染症,救急/集中治療に関連するものに限ります.日時,演題名,会の主な対象や主旨等を記載して下さい.
⇒メールはこちらcum_earl@yahoo.co.jp
宮城ICUセミナー
【日時】2017年4月20日(木)18:30~20:10
【会場】TKPガーデンシティ仙台 アエルビル30階
宮城県仙台市青葉区中央1-3-1アエル
【参加費】無料
講演会終了後に情報交換会あり

18:30~
製品紹介:プレセデックス
ファイザー株式会社

18:40-19:25
座長:久志本 成樹先生(東北大学大学院医学系研究科外科病態学講座救急医学分野教授)
プログラム1:「PICSの提唱と鎮痛鎮静・早期リハビリテーション~ただ救命するのではなく,より質の高い救命を~」
DrMagicianEARL(EARLの医学ノート管理人)

19:25-19:40
座長:須東 光江先生(東北大学病院看護部西3階病棟ICU1看護師長)
プログラム2:「J-PADガイドラインの実践~鎮痛・鎮静管理を意味あるものにするために~」
鈴木 昭子先生(大崎市民病院特定集中治療病棟副看護師長)

19:40-20:10
座長:安藤 幸吉先生(仙台市立病院救命救急センター副センター長集中治療科長麻酔科部長)
プログラム3:「Start sedation management with WHY.~睡眠と情動のシステムを考慮した鎮静管理~」
吾妻 俊弘先生(東北大学大学院医学系研究科 麻酔科学・周術期医学分野助教)

主催:ファイザー株式会社
 PICSに関連した講演が最近増えており,この新しいトピックもようやくメジャーになってきたなという印象です.今回,最初に基調講演のような感じでPICSの総論と,比較的エビデンスを有する鎮痛鎮静・早期リハについて講演させていただきます.かなり広い会場が用意されておりますので是非ご参加ください.
第2回東京感染症サミット
【日時】2017年5月21日(日)14:00~17:00
【会場】フクラシア東京ステーション 5H会議室
東京都千代田区大手町2-6-1朝日生命大手町ビル5F
(JR東京駅日本橋口徒歩1分,JR東京駅および地下鉄大手町駅から地下直結)
【会費】無料
【事前申し込み制】下記URLからご登録ください。
http://www.bdj.co.jp/seminar/2017/0521form.html
会終了後に親睦会あり

14:00~14:10
BDからのお知らせ

14:15~15:10
第1部
司会:大曲 貴夫先生(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター)
    井上 茂亮先生(東海大学医学部外科学系救命救急医学)
特別講演:「敗血症マネージメント2017」
林 淑朗先生(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 集中治療科)

休憩(15:10~15:25)
第2部 重症感染症HOT TOPICS
司会:大曲 貴夫先生(国立国際医療研究センター病院 国際感染症センター)
    井上 茂亮先生(東海大学医学部外科学系救命救急医学)

演題1:「腸内細菌叢と重症感染症」
清水 健太郎先生(大阪大学医学部附属病院 高度救命救急センター)

演題2:「真菌と重症感染症」
宮本 恭兵先生(和歌山県立医科大学救急集中治療医学講座)

演題3:「PICSと重症感染症 ~より質の高い救命を~」
DrMagicianEARL(EARLの医学ノート管理人)

主催:日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
 昨年,第1回東京感染症サミットが東京で開催され,関東のみならず全国から多数の先生方の参加がありました.今回その2回目で,内容盛りだくさんです.特別講演は亀田総合病院の林先生,さらに後半のHOT TOPICSでは私から推させていただいた,ICU患者の腸内細菌叢で御高名な阪大特救の清水先生,救急集中治療領域の感染症で多数の情報発信をされている宮本先生が御講演されます.私もPICSの講演をさせていただくことになりました.普段,PICSの講演では総論に加え各論で鎮痛鎮静と早期リハをお話ししていますが,今回は各論の内容を大幅に変え,抗菌薬とPICSの関連性についてお話しします.
第20回日本臨床救急医学会総会・学術集会
テーマ:「明日を支える救急医療」
【日時】2017年5月26日(金)~28日(日)
【会場】5/26:東京ファッションタウンビル(TFTビル),5/27~28:東京ビッグサイト

http://jsem.me/scientificmeeting/meeting.html
真菌症フォーラム第23回学術集会
テーマ:「深在性真菌症和製エビデンス」
【日時】2017年5月27日(土)
【会場】京王プラザホテル新宿

ホームページ:http://www.med-gakkai.org/mycoses/aisatu/
第39回日本呼吸療法医学会
テーマ:「呼吸療法、温故知新」
【日時】2017年7月15日(土)~16日(日)
【会場】東京ファッションタウンビル(東京都江東区有明3丁目)

http://procomu.jp/jsrcm2017/
MRSAフォーラム2017
テーマ:「世界に誇れるMRSA対策」
【日時】2017年7月15日(土)
【会場】京王プラザホテル新宿

http://www.med-gakkai.org/mrsa2017/
第45回日本救急医学会総会・学術集会
テーマ:「Love EM(Emergency Medicine):救急への想い」
【日時】2017年10月24日(火)~26日(木)
【会場】リーガロイヤルホテル大阪,大阪国際会議場(グランキューブ大阪)

ホームページ:http://www2.convention.co.jp/45jaam
※アクセスすると突然音声が流れますので音量に注意してください
第87回日本感染症学会西日本地方会学術集会/第60回日本感染症学会中日本地方会学術集会/第65回日本化学療法学会西日本支部総会合同学会
テーマ:「進化する感染症学と化学療法~魅力ある領域への展開~」
【日時】2017年10月26日(木)~28日(土)
【場所】長崎ブリックホール

ホームページ:http://www.c-linkage.co.jp/wm-jciid2017/
第66回日本感染症学会東日本地方会学術集会/第64回日本化学療法学会東日本支部総会合同学会
テーマ:「感染症病態の探究と創意ある治療をめざして―基礎と臨床との連携―」
【日時】2017年10月31日(火)~11月2日(木)
【会場】京王プラザホテル新宿

ホームページ:http://www.pcoworks.jp/godo2017/

第45回日本集中治療医学会学術集会
テーマ:「一歩先へ;One Step Forward」
【日時】2018年2月21日(水)~23日(金)
【会場】幕張メッセ,ホテルニューオータニ幕張

ホームページ:http://jsicm2018.jp/
第33回日本環境感染学会総会・学術集会
テーマ:「感染制御におけるBest Practiceの追求」
【日時】2018年2月23日(金)~24日(土)
【会場】グランドプリンスホテル新高輪,国際館パミール

http://www.congre.co.jp/33jsipc/index.html

[PR]
by DrMagicianEARL | 2017-04-17 15:36 | 研究会・講演会・学会 | Comments(8)
Commented by がんもどき at 2013-05-20 17:52 x
なんともありがたい情報。
病院によってMRからの情報が少ない病院もあります。小生が今いる病院はすごく少ないです。研究会は好きですので参考にさせていただきます。
Commented at 2013-05-31 17:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by DrMagicianEARL at 2013-06-03 11:59
ご指摘ありがとう御座います。訂正いたしました。
Commented by いつもブログ見てます at 2013-08-01 00:14 x
8/2(金)DIC UPDATE in OSAKAの
詳細情報ありましたら、是非更新のほど
宜しくお願い致します。
Commented by DrMagicianEARL at 2013-08-01 18:06
いつも小生のブログをご高覧いただきありがとうございます。本日旭化成ファーマのMRさんからDIC UPDATE in OSAKAの詳細をいただきましたのでアップしました。
Commented by GBST at 2014-08-08 22:53 x
これを拝見してわかったのですが、先生と僕は同じ医局の関連病院で呼吸器内科医兼集中治療、感染症のコンサルトを受ける立場で働いており、同じく医局に入っていないんですね。
いや、あまりに共通点があり、嬉しくなりコメントさせて頂きました。
Commented by JUNPEI at 2015-02-20 23:55 x
キャンディン研究会、誰でも参加できますか?
Commented by DrMagicianEARL at 2015-03-04 21:55
> JUNPEI様
メーカーに問い合わせたところ,キャンディン研究会はクローズドな会とのことでしたので掲載を削除しました。こちらの不注意で申し訳ございません。

by DrMagicianEARL