「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

【文献+レビュー】心原性心停止蘇生後への低体温療法で有益性示されず(TTM study)

■低体温療法について大規模RCTがはじめて報告されましたので紹介します.2002年にNEJM誌に報告された低体温療法の有用性のエビデンスが11年たって同じNEJM誌上でくつがえされました.これまでの推奨に大きな影響を与えることは間違いないでしょう.
心停止後の目標体温管理33℃ vs 36℃(TTM study)
Nielsen N, Wetterslev J, Cronberg T, et al; the TTM Trial Investigators. Targeted Temperature Management at 33℃ versus 36℃ after Cardiac Arrest. N Engl J Med.2013 Nov 17. [Epub ahead of print]
PMID:24237006

Abstract
【背 景】
院外心停止で意識のない生存者は高い死亡リスクや神経学的予後不良リスクを有する.低体温療法は国際ガイドラインで推奨されているが,支持するエビデンスは限られており,最良の予後に関連する目標体温は知られていない.我々の目的は,発熱防止を目的とした2つの目標体温を比較することである.

【方 法】
この国際的試験では,心原性の院外心停止後の意識のない950例の成人患者を33℃または36℃を目標とした体温管理に無作為に割り付けた.一次評価項目は試験終了までの全死亡率とした.二次評価項目は,Cerebral Performance Category(CPC)scaleとmodified Rankin scaleで評価による180日での神経学的機能予後不良または死亡とした.

【結 果】
全体で939例の患者が一次解析に組み込まれた.試験終了時点で,36℃群の患者の死亡率が48%(225/466例)であったのに対し,33℃群では50%(235/473例)の患者が死亡した(HR 1.06; 95%CI 0.89-1.28; p=0.51).180日の追跡で,死亡またはCPCで評価した神経学的予後不良は,36℃群の患者で52%であったのに対し,33℃群では54%であった(RR 1.02; 95%CI 0.88-1.16; p=0.78).modified Rankin scaleを用いた解析では,両群とも52%であった(RR 1.01; 95%CI 0.89-1.14; p=0.87).既知の予後規定因子で調整した解析結果でも同等であった.

【結 論】
心原性院外心停止で意識のない生存者においては,33℃を目標とした低体温は,36℃を目標とした場合と比較して有益性は認められなかった.
■本研究はこれまでの報告より規模・質ともに高く,これまでのエビデンスをくつがえす結果であり,低体温療法の推奨度が下げられることは避けられないと思われる.低体温療法が有益性を示せなかった理由としては,集中治療管理の進歩により死亡率が改善し潜在的有益性が減少してしまったこと,集団選択性が低いこと(このためサンプルサイズを大きくしえたともいえる)などが考えられ,安直に低体温療法を完全否定すべきではなく,低体温療法の恩恵を受けうる集団を特定し,評価する研究が必要である.また,心停止蘇生後患者の体温管理に関する研究は,管理法がバラバラであり,本研究で目標とした33℃と維持期間,復音等のプロトコルがベストな低体温療法であったのかも明らかではない.この研究で重要なのは常温療法の有益性なのかもしれない.

■救急医学2013年9月号は体温特集であり,心停止後症候群の体温管理の項で「低体温療法を考慮することは今や当たり前のオプション」「本治療のプロトコルを成し遂げることが患者の機能的予後の改善につながることを忘れてはならない」と強く低体温療法を推奨する書き方であったのが記憶に新しい.しかし,臨床的根拠は2002年のNEJMに報告された小~中規模のRCT2報のみであり,やはりサンプルサイズや過去の報告の問題点を加味した研究で再検討された場合,エビデンスはくつがえることがあるといういい一例であろう.また,いかに優れたエビデンスであっても,年数がたてば他の治療の進歩,社会的背景の変化などでエビデンスの妥当性も揺らぎうるため,ある一定年数がたてば再度検証するという姿勢は必要なのかもしれない.質の高いシステマティックレビューによるエビデンスでも賞味期限1年以内が15%,2年以内が23%,賞味期限の平均期間はわずか5.5年(95%CI 4.6-7.6)しかなく,心血管領域のエビデンスの賞味期限はもっと短い[1]質の高いエビデンスといえどもその妥当性はTPO(Time Place Occasion)の影響を免れない(私の持論です).

■また,本研究では,延命治療を中止のプロトコルを採用していることが特徴である.ほとんどの先行研究では神経学的予後不良のため生命維持を中止することが最も多い死因であり,長期的予測を行う上で確実な方法がないという問題点をかかえていた.本研究では治療の中止された患者へのアプローチが詳細に記載されている.

■近年,重症患者における解熱薬を含めた体温管理に関する研究がさかんであるが,低体温に関する研究は依然として少ない.病的低体温と治療的低体温を同列に扱うことはできないが,低体温が予後不良に関連しうる報告があることも事実である.実際には重症患者では正常体温~高熱が一般的であり,低体温の患者は多くないため,発熱時に比して低体温が生体に与える有益性・有害性等の影響の知見はまだまだ少ないといえ,今後さらなる解明が必要である.

1.これまでの低体温療法のエビデンス
■まず,用語について整理する.低体温で管理を行う治療法は以前まで低体温療法(therapeutic hypothermia)とされ,また,これに対して35-37℃の常温にコントロールする治療法は常温療法(induced normothermia)とされていた.常温療法は発熱を回避するという意味でanti-hyperthermia,fever controlとも表現されていた.2009年にATS,SCCM,ERS,ESICM,SELFの5学会によるコンセンサスカンファレンスが開催され,低体温療法(therapeitic hypothermia)という言葉を使用せず,目標体温管理(targeted temperature management:TTM)に統一し,導入induction,維持maintenance,復温reversionについてのプロファイル記載が推奨された[2].これは,目標体温設定,冷却方法,維持期間,復温速度などがこれまでの研究ではバラバラで評価が困難であったことへの対策である.

■心停止蘇生後患者に対する低体温での脳保護効果の知見は1958年のWilliamsらの報告までさかのぼる.この報告で低体温療法(therapeutic thpothermia)に関心がもたれるも,技術的問題により普及することはなかった.しかし,1990年代に入って技術向上により低体温療法が再び注目され,2002年に報告された2つのRCT[3,4]が低体温療法の有効性を示したことから,心肺停止後の脳障害に対して低体温療法がガイドラインで推奨されるに至った[2,5]

■Hypothermia after Cardiac Arrest Study Group[3]は,心室細動による院外心停止患者273例に対する低体温療法を検討した欧州9施設共同RCTを行った.低体温群は膀胱温32-34℃を24時間維持するプロトコルと用いており,6ヶ月後の神経学的予後が良好であったのは低体温群55% vs 常温群39%(p=0.009; RR 1.40; 95%CI 1.08-1.81),死亡率は低体温群41% vs 常温群55%(RR 0.74; 95%CI 0.58-0.95)であり,低体温療法が有意に予後を改善していた.

■Bernardら[4]は,心室細動による院外心停止患者77例に対する低体温療法を検討した豪州4施設共同RCTを行った.低体温群は自己心拍再開から2時間以内に深部温度を33℃に冷却し,12時間維持するプロトコルを用いており,退院時の神経学的予後が良好であったのは低体温群49% vs 常温群26%(p=0.046),調整後オッズ比は5.25(95%CI 1.47-18.76; p=0.011)であり,低体温療法が有意に神経学的予後を改善していた.

■一方,初期調律が心室細動でない心停止患者では低体温療法が有用であるとする明確なエビデンスはなく,PEAや心静止においては2つの小規模RCT[6,7]では有用性は示されず,Dumasら[8]の1145例多施設共同後ろ向きコホート研究においても初期調律がVF/VTであれば低体温療法が神経学的予後良好と関連したが,PEA/心静止では関連しなかった.本邦14施設452例の低体温療法の解析(J-PULSE-HYPO)[9]でも初期調律がPEA/心静止の症例では予後は不良であった(ただし,発症から16分以内に蘇生できた症例では初期調律がVF/VTであった患者群と有意差はない).除細動非適応の心停止患者387例の単施設前向き観察研究[10]では,低体温療法の神経学的予後や生存率への有効性は認められなかった.これらの結果から,PEA/心静止患者では心原性心停止の割合が少なく,脳虚血時間が長く,心停止の原因が多様であるために低体温療法が奏功せず,むしろ有害となる可能性もあることが分かる.

2.低体温療法の目的と有害事象
■心停止後症候群(PCAS)では83%に(脳障害で神経学的予後悪化と関連しているとされる)72時間以内の38℃以上の発熱が認められると報告されており[11],PCASにおいて脳障害の増悪と発熱が関連しているとの報告もある[12].脳障害は発熱を誘発し[13],発熱は脳障害を増悪させる[14,15]とする悪循環に陥ってしまうため,体温管理が必要であるという考えが現在では主流となっている.

■体温を常温にコントロールするのか,より低い体温にコントロールするのかについてこの10年で議論がなされてきた.低体温では脳血流と代謝が低下し,PCASでの脳の障害が軽減するとされている.すなわち,侵襲直後の脳障害ではなく,侵襲後に緩徐に心呼応していく脳障害を防止するのが低体温療法である.この脳障害は,神経細胞の代謝によるATP枯渇から細胞外毒素であるグルタミン酸が放出,フリーラジカルやアポトーシスによって生じてくる.低体温療法はこれらを抑制する[16-18]

■低体温療法による合併症には,感染症,血小板減少,血液凝固異常,高血糖,過冷却,脱水,不整脈や血圧低下,低カリウム血症,シバリング,低二酸化炭素などがある.特に感染症リスク増加は報告が多く,注意が必要である.低体温療法について検討した23報RCT,2820例のメタ解析[19]では,低体温療法は全感染症リスクを増加させない(RR 1.21; 95%CI 0.95-1.54)が,肺炎リスクは1.44倍(95%CI 1.10-1.90),敗血症リスクは1.80倍(95%CI 1.04-3.10)に有意に増加したと報告されている.

[1] Shojania KG, Sampson M, Ansari MT, et al. How quickly do systematic reviews go out of date? A survival analysis. Ann Intern Med 2007; 147: 224-33
[2] Nunnally ME, Jaeschke R, Bellingan GJ, et al. Targeted temperature management in critical care: a report and recommendations from five professional societies. Crit Care Med 2011; 39: 1113-25
[3] Hypothermia after Cardiac Arrest Study Group. Mild therapeutic hypothermia to improve the neurologic outcome after cardiac arrest. N Engl J Med 2002; 346: 549-56
[4] Bernard SA, Gray TW, Buist MD, et al. Treatment of comatose survivors of out-of-hospital cardiac arrest with induced hypothermia. N Engl J Med 2002; 346: 557-63
[5] Nolan JP, Hazinski MF, Billi JE, et al. Part 1: Executive summary: 2010 International Consensus on Cardiopulmonary Resuscitation and Emergency Cardiovascular Care Science With Treatment Recommendations. Resuscitation 2010; 81 Suppl 1: e1-25
[6] Hachimi-Idrissi S, Corne L, Ebinger G, et al. Mild hypothermia induced by a helmet device: a clinical feasibility study. Resuscitation 2001; 51: 275-81
[7] Kim F, Olsufka M, Longstreth WT Jr, et al. Pilot randomized clinical trial of prehospital induction of mild hypothermia in out-of-hospital cardiac arrest patients with a rapid infusion of 4 degrees C normal saline. Circulation 2007; 115: 3064-70
[8] Dumas F, Grimaldi D, Zuber B, et al. Is hypothermia after cardiac arrest effective in both shockable and nonshockable patients?: insights from a large registry. Circulation 2011; 123: 877-86
[9] Yokoyama H, Nagao K, Hase M, et al; J-PULSE-Hypo Investigators. Impact of therapeutic hypothermia in the treatment of patients with out-of-hospital cardiac arrest from the J-PULSE-HYPO study registry. Circ J 2011; 75: 1063-70
[10] Storm C, Nee J, Roser M, et al. Mild hypothermia treatment in patients resuscitated from non-shockable cardiac arrest. Emerg Med J 2012; 29: 100-3
[11] Albrecht RF 2nd, Wass CT, Lanier WL. Occurrence of potentially detrimental temperature alterations in hospitalized patients at risk for brain injury. Mayo Clin Proc 1998; 73: 629-35
[12] Corbett D, Thornhill J. Temperature modulation (hypothermic and hyperthermic conditions) and its influence on histological and behavioral outcomes following cerebral ischemia. Brain Pathol 2000; 10: 145-52
[13] Hayashi N, Hirayama T, Udagawa A, et al. Systemic management of cerebral edema based on a new concept in severe head injury patients. Acta Neurochir Suppl (Wien) 1994; 60: 541-3
[14] Azzimondi G, Bassein L, Nonino F, et al. Fever in acute stroke worsens prognosis. A prospective study. Stroke 1995; 26: 2040-3
[15] Castillo J, Dávalos A, Marrugat J, et al. Timing for fever-related brain damage in acute ischemic stroke. Stroke 1998; 29: 2455-60
[16] Zhao H, Steinberg GK, Sapolsky RM. General versus specific actions of mild-moderate hypothermia in attenuating cerebral ischemic damage. J Cereb Blood Flow Metab 2007; 27: 1879-94
[17] Zhao H, Yenari MA, Cheng D, et al. Biphasic cytochrome c release after transient global ischemia and its inhibition by hypothermia. J Cereb Blood Flow Metab 2005; 25: 1119-29
[18] Yenari M, Kitagawa K, Lyden P, et al. Metabolic downregulation: a key to successful neuroprotection? Stroke 2008; 39: 2910-7
[19] Geurts M, Macleod MR, Kollmar R, et al. Therapeutic Hypothermia and the Risk of Infection: A Systematic Review and Meta-Analysis. Crit Care Med 2013 Oct 7
[20] Shojania KG, Sampson M, Ansari MT, et al. How quickly do systematic reviews go out of date? A survival analysis. Ann Intern Med 2007; 147: 224-33
[PR]
by DrMagicianEARL | 2013-11-21 21:46 | 文献 | Comments(0)

by DrMagicianEARL