「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

日本静脈経腸栄養学会雑誌2016年5月号特集

職場が東北に変わり,いろいろバタバタしていてブログ更新が滞っておりましたがようやく再開できそうです.再開1発目が宣伝を兼ねていて恐縮ですが,日本静脈経腸栄養学会雑誌の2016年5月号にPost-Intensive Care Syndrome(PICS)の総説とPICSに関連した栄養管理のエビデンスを執筆させていただきました.今回は兵庫医科大学救急・災害医学講座教授の小谷穣治先生による特集企画として,急性期栄養管理のこれからのトピックスや新しい研究等を紹介する内容になっています.
特集 急性期栄養療法 ~新たな展開と近未来像~
日本静脈経腸栄養学会雑誌(JJSPEN) 2016 May; Vol.31(No.3)

プロバイオティクス・プレバイオティクス
清水健太郎,小島将裕,小倉裕司,ほか.静脈経腸栄養 2016; 31: 797-802

重症患者における体組成評価の有用性とその限界
堤 理恵,大藤 純,福永佳容子,ほか.静脈経腸栄養 2016; 31: 803-6

重症患者における連続腸音解析システムの臨床応用
後藤順子,松田兼一,針井則一,ほか.静脈経腸栄養 2016; 31: 807-10

便移植
山田知輝.静脈経腸栄養 2016; 31: 811-6

Post-Intensive Care Syndromeと栄養管理
DrMagicianEARL.静脈経腸栄養 2016; 31: 817-20

急性血液浄化中の栄養療法
中村智之,西田 修.静脈経腸栄養 2016; 31: 821-6

[PR]
by DrMagicianEARL | 2016-05-30 16:01 | 文献 | Comments(0)

by DrMagicianEARL