「ほっ」と。キャンペーン
ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

【文献】発熱性好中球減少(FN)患者ではqSOFAよりもMASCCスコアの方が敗血症予測能が高い

■2016年2月に敗血症の新しい定義Sepsis-3が提唱され,その中でICU以外での敗血症予測ツールとしてqSOFAスコアが提案されました.ベッドサイドですぐに判定できる非常に簡便なスクリーニングツールですが,下の文献で紹介するように,FN患者においては従来から用いられてきたMASCCスコアに劣るようです(MASCCスコアもベッドサイドで判定可能).もっとも,qSOFAも特異度は抜群によいので,qSOFAスコア2点以上を満たした場合はほとんどの場合敗血症とみなしてよいということになるのかもしれません.

■FN患者に限らず,qSOFAスコアは膿瘍や感染性心内膜炎,骨髄炎,蜂窩織炎による敗血症が漏れやすい印象がありますので注意が必要です.Sepsis-3の診断プトロコルでは,qSOFAスコアから漏れても敗血症でないか再検討し,怪しければSOFAスコアで臓器障害有無を評価することを推奨しています.
発熱性好中球減少(FN)患者における敗血症,死亡,ICU入室のスクリーニングとしてのqSOFAスコア
Kim M, Ahn S, Kim WY, et al. Predictive performance of the quick Sequential Organ Failure Assessment score as a screening tool for sepsis, mortality, and intensive care unit admission in patients with febrile neutropenia. Support Care Cancer. 2017 Jan 6. [Epub ahead of print]
PMID: 28062972

Abstract
【目 的】
Sepsis-3ではqSOFAスコアが予後不良と推測される患者を認知するために使用する基準として提示された.本研究では,発熱性好中球減少(FN)の患者における敗血症,死亡,集中治療室(ICU)入室のスクリーニングツールとしてのqSOFAスコアの予測能の評価を行った.また,我々は全身性炎症反応症候群(SIRS)基準やMultinational Association of Supportive Care in Cancer (MASCC)スコアの予測能の比較も試みた.

【方 法】
我々は前向きに収集された成人のFNデータレジストリを用いた.qSOFAとSIRSスコアは既存データを用いて後ろ向きに算出を行った.主要評価項目は敗血症発症とした.副次評価項目はICU入室と28日死亡とした.

【結 果】
615例の患者のうち,100例が敗血症を発症し,20例が死亡し,38例がICUに入室した.多変量解析では,qSOFAスコアは敗血症とICU入室を予測する独立因子であった.しかしながら,MASCCスコアと比較すると,qSOFAの受信者作動曲線下面積(AUROC)は低かった.敗血症,28日死亡,ICU入室の予測においてqSOFAは感度が低いが(0.14,0.2,0.23),高い特異度(0.98,097,0.97)を示した.

【結 論】
qSOFAのパフォーマンスは,MASCCスコアより劣っていた.FN患者の予後予測において既存のリスク層別化ツールはより有用であった.

[PR]
by DrMagicianEARL | 2017-01-08 19:53 | 敗血症 | Comments(0)

by DrMagicianEARL