ブログトップ

EARLの医学ノート

drmagician.exblog.jp

敗血症をメインとした集中治療,感染症,呼吸器のノート.Stop Sepsis, Save Lives.

研究会,講演会,学会日程

更新履歴
2018年6月9日「第11回滋賀集中治療懇話会(6/16滋賀)」追加
2018年6月9日「第3回東京感染症サミット(7/28東京)」追加
2018年6月9日「第7回沖縄クリティカルケア研究会(8/18)」追加


研究会,講演会,学会日程
※学会総会に加え,主に敗血症,救急集中治療,感染症の研究会,講演会を適宜掲載していきます(本記事を更新していきます).あくまでも私の知る範囲でのものだけです.

※ここに掲載されていない研究会・講演会で掲載希望等あればコメント欄に記入するか,以下までメールで御連絡下さい.開催場所に制限はありませんが,内容は本ブログの内容の関係上,敗血症,感染症,救急/集中治療に関連するものに限ります.日時,演題名,会の主な対象や主旨等を記載して下さい.
⇒メールはこちらcum_earl@yahoo.co.jp
第11回滋賀集中治療懇話会
【日時】2018年6月16日(土)17:30-
【会場】びわ湖大津プリンスホテル2F「伊吹」

17:30-17:40
情報提供:「遺伝子組換えトロンボモデュリン/リコモジュリン®」
旭化成ファーマ株式会社

17:30-18:00
一般演題座長:立川弘孝先生(近江八幡市立総合医療センター副院長・救命救急センター長)
一般演題1「血管内冷却装置を用いた体温管理療法 -当院におけるサーモガードシステムの使用経験-」
田渕 祥太先生(滋賀県立総合病院循環器内科)
一般演題2「救急病棟での頻用β-ラクタム系抗菌薬による薬剤性腎障害の頻度調査」

18:00-19:00
座長:長門 優先生(長浜赤十字病院外科・集中治療科副部長)
特別講演Ⅰ「敗血症のエビデンスの可能性の狭間~narrative literature review 2018~」
DrMagicianEARL(EARLの医学ノート管理人)

19:10-20:10
座長:江口 豊先生(滋賀医科大学救急集中治療医学講座教授)
特別講演Ⅱ「敗血症治療のUpdate」
相引 眞幸先生(愛媛大学医学系研究科救急医学分野教授)

後援:旭化成ファーマ株式会社
 古巣の関西で講演をさせていただくことになりました.敗血症のレビュー講演になりますが,特に循環蘇生とDIC治療に絞ってのお話をさせていただこうと思っています.
第3回東京感染症サミット
【日時】2018年7月28日(土)13:30-16:40
【会場】フクラシア八重洲会議室A
【対象】医師のみ(定員100名)
事前申し込み制です.お申込みは下のURLから
http://www.bdj.co.jp/seminar/2018/0728.html

テーマ:「AMR対策は医療をどう変えるか ~臨床現場の最前線を意識して~」座長
大曲 貴夫先生(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター)
井上 茂亮先生 東海大学医学部付属八王子病院救命救急医学)

13:35-13:55
講演1「AMR対策は医療をどう変えるか」
大曲 貴夫先生(国立国際医療研究センター病院国際感染症センター)

13:55-14:35
講演2「集中治療室における抗菌薬適正使用」
志馬 伸朗先生(広島大学大学院救急集中治療医学)

14:45-15:15
講演3「外科領域における薬剤耐性を考慮した敗血症診療」近藤 豊先生(順天堂大学大学院医学研究科救急災害医学講座)

15:15-15:45
講演4「癌終末期での抗菌薬適正使用」DrMagicianEARL(EARLの医学ノート管理人)

15:55-16:35
Pro/Conセッション「経口第3世代セフェムは採用薬から外すべきか」
Pro:「経口第3世代セフェムに使い所はない。外すべき」伊藤 雄介先生(兵庫県立こども病院小児感染科)
Con:「経口第3世代セフェムに不適正使用の罪をなすりつけるのは誤り。外すべきではない」
日馬 由貴先生(国立国際医療研究センター病院AMR臨床リファレンスセンター)

主催:日本ベクトン・ディッキンソン株式会社
 今年で3回目となる感染症サミット,今年は耐性菌対策がテーマです.大曲先生による総論から始まり,集中治療領域,外科領域,癌領域の抗菌薬適正使用,さらに最終セッションは薬剤メーカー主催ではまず講演できない経口第3世代セフェムに斬りこんだPro/Conセッションがあります.毎回ながら私も講演させていただきます.医師のみ対象の事前申し込み制ですがぜひご参加ください.
第7回沖縄クリティカルケア研究会
【日時】2018年8月18日(土)13:50-
【会場】アルカディア6階「コスモホール」

13:50-
製品紹介:リコモジュリン点滴静注用12800旭化成ファーマ株式会社14:00-
一般演題座長:那須 道高先生(浦添総合病院救急集中治療部医長)
一般演題数題

座長:久木田 一朗先生(琉球大学大学院医学研究科救急医学講座教授)
特別講演「敗血症のエビデンスの可能性の狭間~narrative literature review 2018~」
DrMagicianEARL(EARLの医学ノート管理人)

後援:旭化成ファーマ株式会社
 沖縄で講演させていただくことになりました.敗血症のレビュー講演になりますが,特に循環蘇生とDIC治療に絞ってのお話をさせていただこうと思っています.ちなみにただでさえ暑いのが苦手な上に涼しい仙台に体が慣れてしまってるんですが,8月の沖縄,私は大丈夫だろうか・・・

[PR]
by DrMagicianEARL | 2018-06-09 18:25 | 研究会・講演会・学会 | Comments(8)
Commented by がんもどき at 2013-05-20 17:52 x
なんともありがたい情報。
病院によってMRからの情報が少ない病院もあります。小生が今いる病院はすごく少ないです。研究会は好きですので参考にさせていただきます。
Commented at 2013-05-31 17:15 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by DrMagicianEARL at 2013-06-03 11:59
ご指摘ありがとう御座います。訂正いたしました。
Commented by いつもブログ見てます at 2013-08-01 00:14 x
8/2(金)DIC UPDATE in OSAKAの
詳細情報ありましたら、是非更新のほど
宜しくお願い致します。
Commented by DrMagicianEARL at 2013-08-01 18:06
いつも小生のブログをご高覧いただきありがとうございます。本日旭化成ファーマのMRさんからDIC UPDATE in OSAKAの詳細をいただきましたのでアップしました。
Commented by GBST at 2014-08-08 22:53 x
これを拝見してわかったのですが、先生と僕は同じ医局の関連病院で呼吸器内科医兼集中治療、感染症のコンサルトを受ける立場で働いており、同じく医局に入っていないんですね。
いや、あまりに共通点があり、嬉しくなりコメントさせて頂きました。
Commented by JUNPEI at 2015-02-20 23:55 x
キャンディン研究会、誰でも参加できますか?
Commented by DrMagicianEARL at 2015-03-04 21:55
> JUNPEI様
メーカーに問い合わせたところ,キャンディン研究会はクローズドな会とのことでしたので掲載を削除しました。こちらの不注意で申し訳ございません。

by DrMagicianEARL